バックナンバー(2006年12月号 )


234号

特集:中央線の魂 オレンジ電車よ、さようなら

特集 
中央線の魂
オレンジ電車よ、さようなら

写真・中野正貴、都築響一、長野陽一、森本美絵

対談 
三善里沙子×リリー・フランキー
なぜ中央線カルチャーはこの十年盛り上がったか?
愛と憎しみの沿線民俗学
絵・奥原しんこ

中央線からなくなったもの 生れたもの
高田渡の歌とともに、吉祥寺「いせや」の灯は小休止
文・久住昌之

永島慎二が描いた迷える若者たち
文・川本三郎

久世光彦が描いた昭和の阿佐ヶ谷風景
文・諸田玲子

阿佐ヶ谷住宅が、奇跡の団地である理由。
文・大月敏雄

コラム 文・三善里沙子、石渡玲子、藤本真由、織田桂
美しきこの街の象徴、国立駅舎は永遠なり/
沿線から消えた洋館建築/阿佐ヶ谷の「けやき屋敷」と「たぬき屋敷」/
東中野「日本閣」は、時代とともに変わりゆく/荻窪ラーメンの名店はいまだ健在
レーモンド設計の東京女子大学キャンパスで、東寮と旧体育館の解体か?/
芸能界の大物、丹波哲郎の中央線沿線人生/これが新しい中央線快速の姿!E233系車両
零戦エンジンも、スカイラインも。中島飛行機、日産自動車工場、ここにありき/
近鉄→三越→ヨドバシカメラ。吉祥寺巨大ビルの流転の歴史/
高円寺、阿佐ヶ谷、西荻窪の駅ナカ大変貌/
武蔵小金井駅。消えゆく、三角屋根の愛らしい駅舎/
中野「クラシック」の閉店と、スタバの進出。沿線喫茶店文化の考察/
沿線文化の拠点 新旧の杉並公会堂/安部首相も学んだ吉祥寺の成蹊学園

中央線的、大人の地元散歩 吉祥寺/西荻窪/高円寺
談、写真・三浦展

中央線が受け継ぐヒッピー文化の系譜
文・三沢敦

沿線古書店の新勢力 高原書店の系譜/注目の街は阿佐ヶ谷!
文・岡崎武志


小特集
生誕80年
山口瞳の東京地図
絵・柳原良平

20年後の「新東京百景」を歩く
文・井上明久

先生と歩いた19景 臥煙の共感
文・池田雅延

父が愛した 国立の散歩道
文・山口正介

対談 昭和時代の山の手っ子
常盤新平×矢野誠一

わが上司、係長山口瞳
文・小玉武

行きつけの店の選び方、通い方 通夜の歌
文・豊田健次

「東京人」おすすめ!ブックガイド
文・花?真也

季語 奇語 綺語(30)十二月
酉の市
文・小沢昭一 絵・矢吹申彦

随筆
思い出の町、松涛 文・河竹登志夫
あの人だったら魔法を使う 文・柏葉幸子
ふるさと大森を訪ねて 文・河島英昭

この人に聞く東京(31)
日建設計会長/日本建築士事務所連合会会長
三栖邦博
進行中の建築士法の改正は
管理建築士の権限明確化を中心に

壮大な図書館計画が、ここにあった
上野に、帝国図書館誕生ス
文・津野海太郎

わが偏愛の七人の歌姫 後篇
ポップスとジャズの間で
ダイナ・ショア、パティ・ペイジ、ジョニ・ジェイムス、ジョニー・ソマーズ、ペギー・リー 文・結城信孝

東京に急増中?
評判の「南インド料理」を食べてみる
文・遠藤愉 写真・滝浦哲

東京日記(67)
趣味はサラリーマン川柳
文・川上弘美 絵・門馬則雄

望郷酒場を行く(28)
千葉県「房洲っ子」
文・森まゆみ 写真・中川道夫

東京LOHAS生活(11)
グローバルな流通と「地産地消」
文・辰巳渚 写真・小林キユウ

あたまを鍛える大人のワークブック
コクヨ「ヒラメキ♦ノート」シリーズに注目!

街[ニューオープン、ニューサイト]川上典李子/
本[書評同人]青山南、猪口邦子、鹿島茂、川本三郎、黒岩徹、五味文彦、松岡和子、結城信孝/インフォメーション/SHOPS&GOODS/逸品本舗/
バックナンバー/編集後記、次号予告

   


その他の記事




都市出版ホームページへ

Copyright (C) 都市出版株式会社
All Rights Reserved