<<<書籍紹介>>>



◆ MENU ◆

トップページ

東京人
外交フォーラム

書籍紹介
企画事業
会社概要
ご注文方法


◆ LINK ◆

NTT東京発
駅前探検クラブ
教育出版
外務省
江戸東京博物館
庭園美術館
写真美術館


書籍一覧


赤坂物語 『赤坂物語』
河端淑子著

1524円(本体価格)+税
ISBN4-901783-24-6
2005年11月11日初版発行

銀杏は見た。激動の明治、大正、昭和の赤坂を。旧勝海舟邸の庭に今も立ち、両手を大きく広げ、温かな眼差しで見守る。樹齢200年余りの大銀杏が語る赤坂の人間模様と町の移ろい…。
以下、目次から。
祝福の声に包まれ、九條家節子のお輿入れ。
大正天皇とのご成婚。
赤坂を愛した勝海舟とホイットニー一家。
明治の終焉と名将、及木大将の殉死。
大正十二年、大地が揺れる――関東大震災の到来。
芸妓おりんちゃんの成長、花柳界。
昭和のはじめ、華やぐ赤坂の夜。
二・二六の歴史的な舞台。高橋是清の無念の死。
忍び寄る戦争の足音。炎に包まれ、見るも無惨な姿へ。
そして、生まれ変わる赤坂の街並み。
町の岐路、東京オリンピック。銀杏を越える背丈の建物……。
十九の坂が教えてくれる町の歴史。
文化人がこよなく愛した町「赤坂」。


ロンドンプラン 『ロンドンプラン --グレーター・ロンドンの空間開発戦略--』
大ロンドン市長 ケン・リビングストン編
ロンドンプラン研究会 訳
元東京副都知事 青山 監修

4762円(本体価格)+税
ISBN4-901783-21-1

近年、急速に大ロンドン市の人口が増え、経済が成長していることを多くの日本人は認識しているだろうか?その背景には、(1)力強く多様で長期間にわたる経済成長、(2)機会の公平を目指す社会的包容力、(3)環境、資源の利用についての持続可能な開発--を骨子とするこのロンドンプランという空間開発戦略の存在が大きく寄与している。都市計画とは、これぐらい広く深い視野から検討すべきものであることを、本書はわれわれに教えてくれる。都市計画や建築に関わる人々、また都市の将来に関心を持つ人の必読書。

国際資源・環境論 『江戸東京学』
小木新造著

1714円(本体価格)+税
ISBN4-901783-19-X

小木氏の都市学としての「江戸東京学」は
江戸から東京への歴史の固有の展開を、
個性豊かに持続 - 変容する都市空間の在り方
を、ダイナミックな視点で見る方法を
示してくれたーー。(陣内秀信 解題より)
提唱から二十年余、江戸東京の社会、生活、
文化、都市空間を多角的な視野からとらえた
「江戸東京学」。
歴史学の真のおもしろさとその深い価値を
今も伝えつづけている。



国際資源・環境論『国際資源・環境論』
高坂節三著

1800円(本体価格)+税
ISBN4-901783-15-7 C0031
2005年1月31日初版発行

人間は自然環境を利用せずには
生きていかれない「歴史的存在」である。
しかし、自然の利用、加工、そして征服が、
人類の生活を豊かにすると同時に、
めくりめぐって人類を破滅の道に導く可能性を
秘めていることを歴史は教えている。
われわれは、このかけがえのない自然と
どう向き合うべきなのだろうか。



『坂本多加雄対談・書評集 歴史を語る作法』


1700円(本体価格)+税
ISBN4-901783-14-9 C0031
2004年12月7日初版発行

国民の歴史は、壮大な「物語」として語られ
誇りを持てるものでなければならない。
いたずらな自虐史観を排し、しかも歪曲することなく
礼儀と節度をもって歴史を語るとき、
はじめて国家の来歴と構造が像を結ぶ。
[国家学]確立の志途中で亡くなった少壮学者の
熱い思いがここにある。

主な対談者
北岡伸一、本間長世、水谷三公、筒井清忠・今谷明(鼎談)、野田宣雄・粕谷一希(鼎談)、山内昌之、濤川栄太、南丘喜八郎



『回顧する日本外交』1952-2002
村田良平/著

2381円(本体価格)+税
ISBN4-901783-10-6 C0031
2004年2月20日初版発行

戦中に青春を過し、日本の主権回復の直前に外務省に入った著者が、外務事務次官、駐米・駐独大使としての体験など、当事者しか知り得ない思い出を明かしつつ、国際関係とは、外交とは――を改めて問い直した警世の書。


『「漫画少年」物語』 ―編集者・加藤謙一伝―
加藤丈夫/著

1800円(本体価格)+税
ISBN4-901783-04-1 C0095
2002年12月16日初版発行

手塚治虫、のらくろ、トキワ荘・・・・・・すべてはここからはじまった。戦後の混乱期に生まれ、8年間の短い歴史とともに消えていった伝説の雑誌「漫画少年」が、いま蘇る。《「少年倶楽部」の黄金期を築き、日本の出版界に偉大なる足跡を残した名編集者・加藤謙一の生涯を通して語られる、昭和漫画史秘話。



絶版
『電力人物誌』 ―電力産業を育てた十三人―
満田 孝/著

1500円(本体価格)+税
ISBN4-901783-03-3 C0095
2002年12月16日初版発行

欧米に遅れることなく、文明開化の時代にスタートを切った日本の電力産業。官に頼ることなくその発展に情熱を傾け、自助努力によって幾多の困難と戦い続けた先人たちの偉業の跡をたどる。



『「新しい戦争」時代の安全保障』
田中明彦/監修
『外交フォーラム』編集部/編

1500円(本体価格)+税
ISBN4-901783-01-7 C0031
2002年11月1日初版発行

9・11後の国際社会・日本を豪華執筆人で読み解く。アフガニスタン復興支援国際会議、対北朝鮮外交・・・・・・「いま戦争が始まったら?」日本の外交力がいまこそ問われる秋がきた!


『花筺』 -帝都の詩人たち-
久世光彦/著

1714円(本体価格)+税
ISBN4-924831-97-2 C0095
2001年7月14日初版発行

世は《帝都》の時代。近代化という甘いときめきの影に乱れ咲く《奇蹟》の言葉は、花籠に秘められた秋の儚い花々に似て・・・・・。北原白秋、三好達治、西條八十、佐藤春夫、伊東静雄、津村信夫、萩原朔太郎、中原中也らの唄声を、独特の感性で語る久世ワールド。


『丸谷才一と22人の千年紀ジャーナリズム大合評』
丸谷才一ほか/著

2333円(本体価格)+税
ISBN4-924831-96-4 C0095
2001年7月14日初版発行

新しい世紀に、世界をどのように見つめたらよいのか。豪華ゲストとともに、出版界を語り、野球映画やサッカーのテレビ放映を批評し、教科書やマナーから世相を論じ、新聞を見ては短歌や俳句、似顔絵から漢字問題まで、新しい視点へと導き、ジャーナリズム関係者の必読の書。『東京人』連載に補注と挿画を加えて集大成。


『アメリカが見つかりましたか』 -戦後篇-
阿川尚之/著

1800円(本体価格)+税
ISBN4-924831-95-6
2001年1月29日初版発行

16名の日本人が見た戦後のアメリカ。学界・論壇・ビジネス界―― その後、それぞれの日米関係に深く影響を与えることになった。(2刷)

在庫僅少



『一億の日本人』
-「高坂正堯著作集」第8回配本 第8巻-
高坂正堯/著

7000円(本体価格)+税
ISBN4-924831-87-5
2000年11月10日初版発行

国内政治に目を向けた著者は、この国のありかたと国民性の特徴を説き、来るべき時代への日本の進路を指し示した



『国際政治―恐怖と希望―』
-「高坂正堯著作集」第7回配本 第7巻-
高坂正堯/著

6500円(本体価格)+税
ISBN4-924831-86-7
2000年7月10日初版発行

国家と国際関係の本質を見抜いた著者は、具体的な平和への道を求めて理論的な考察を深める


絶版
古典外交の成熟と崩壊『古典外交の成熟と崩壊』
-「高坂正堯著作集」第6回配本 第6巻-
高坂正堯/著

6500円(本体価格)+税
ISBN4-924831-85-9
2000年4月10日初版発行

国際政治の本質を理解した著者は、ヨーロッパ外交史研究の歴史的名著を生む

『NGOの世紀―活躍するニッポン市民、素顔の海外ボランティア』

杉下恒夫/著

1800円(本体価格)+税
ISBN4-924831-92-1
2000年3月29日初版発行

ジャーナリストが見て感じた“草の根”国際協力、素顔の主役たち
在庫僅少


絶版
『1956 BUDAPEST― 顔、そして問わず語り』

チェテ・エルシュ/著 糠沢和夫他/訳

2000円(本体価格)+税
ISBN4-924831-91-3
2000年3月10日初版発行

若き写真家自身によるインタビュー記録に基づいて作られた、革命家たち43人の過去と現在の肖像
絶版
『宰相吉田茂』
-「高坂正堯著作集」第5回配本 第4巻-
高坂正堯/著

6500円(本体価格)+税
ISBN4-924831-83-2
2000年1月10日/初版発行

戦後初めて吉田茂の再評価に挑んだ著者の目は、世界の指導者に向かう。

絶版
『文明が衰亡するとき』
-「高坂正堯著作集」第4回配本 第5巻-
高坂正堯/著

7000円(本体価格)+税
ISBN4-924831-84-0
1999年10月10日/初版発行

「盛者必衰の理」を知る著者は日本を憂え、世界文明を渉猟する。


絶版
『豊かさの試練』
-「高坂正堯著作集」第3回配本 第2巻-
高坂正堯/著

6500円(本体価格)+税
ISBN4-924831-81-6
1999年7月10日/初版発行

戦後の経済主義が国際対応力を削ぐ危険を予見した警世の書 。


『ダーティー・ハンズ』

ジョセフ・ナイ/著 伊藤延司/訳

2200円(本体価格)+税
ISBN4-924831-89-1
1999年4月15日/初版発行

元国防次官補が国際スパイ小説を書いた! 米国でも未発表の問題作。(2刷)


『官を生きる』
−鈴木俊一回顧録−
鈴木俊一/著

2800円(本体価格)+税
ISBN4-924831-88-3
1999年4月10日/初版発行

四度の知事選を勝ち抜き、都政の黄金時代を築いた官僚の軌跡。
在庫僅少


『日本存亡のとき』
-「高坂正堯著作集」第2回配本 第3巻 -
高坂正堯/著

6500円(本体価格)+税
ISBN4-924831-82-4
1999年4月10日/初版発行

日本の将来を憂慮し、的確な処方箋を提示した著者の遺言。


『海洋国家日本の構想』
-「高坂正堯著作集」第1回配本 第1巻 -
高坂正堯/著

6500円(本体価格)+税
ISBN4-924831-80-8
1998年11月10日/初版発行

60年代の論壇にさっそうと登場した若き国際政治学者の初期作品集。(2刷)


『子役になってはみたけれど』
− 小説 突貫小僧一代記 −
青木 富夫/著

1800円(本体価格)+税
ISBN4-924831-78-6
1998年11月4日/初版発行

小津安二郎に見出された伝説の名子役、突貫小僧が描く黄金時代の日本映画界。スター俳優総出演。
在庫僅少


『アメリカが見つかりましたか』− 戦前編 −
阿川尚之/著

1800円(本体価格)+税
ISBN4-924831-79-4
1998年11月10日/初版発行

幕末・明治・大正期に渡米した11人の日本人。そのアメリカ発見を自伝等から読み解く新施行。 (3刷)


『丸谷才一と21人のもうすぐ21世紀ジャーナリズム大合評』
丸谷才一ほか/著

1800円(本体価格)+税
ISBN4-924831-73-5
1998年7月7日/初版発行   

出版社PR誌からテレビドラマの水戸黄門まで。歯に衣着せぬ本格的ジャーナリズム論の試み。


【 次へ進む 】