最新号
10月号 October  2016  No.376;

CONTENTS

東京人2016年10月号目次

東京人 10
September 2016 no.376

特集
神田East(イースト)散歩 江戸から続く町人地
写真・尾田信介 12

神田East地図
地図・尾黒ケンジ 34

座談会
「ディープ神田」へようこそ
堀田康彦×森まゆみ×西村幸夫
司会・小藤田正夫
構成、文・石原たきび 18

江戸古町の歩き方
下久呉服店/松本家住宅/栄屋ミルクホール/路地/越後屋豆腐店/丸石ビルディング/千代田鋲螺(びょうら)/岡昌裏地ボタン店
案内人・たてやま西平
文・網倉俊旨
絵・なかだえり 26

「神田」の中心で
江戸からのまちづくり
談・小藤田正夫
構成、文・深澤晃平 36

町の歴史を残す家の履歴書
海老原商店/松本家/後藤家
文・森まゆみ 44

團十郎からラブライブ!まで
神田明神は祝祭空間
文・岸川雅範 50

齋藤月岑、滝沢馬琴、大田南畝ほか
江戸カルチャーの先駆者たち
文・渡辺憲司 56

高架橋の歴史と前代未聞のプロジェクト
まるで鉄道工事の“屋外博物館”
文・内田宗治 62

ここで「共に咲く」
立役者が語る、このまちへの思い
NPO法人神田学会創設者 久保金司
文・網倉俊旨 68

百年企業が生きる町
小山弓具/福井自動車/カインドウエア/龍角散
文・高瀬文人 70

市場
四百年前に生まれた、
江戸の食を支えたにぎわい
文・たてやま西平 76

なつかしの街角
写真家・加藤峯夫が撮った昭和四十年代ディープ神田
写真・加藤嶺夫 78


江戸から現代まで、
「水」をめぐる物語
文、写真・本田創 80

活版印刷
文豪や画家にも愛された
「活版屋」の名刺
文・織田桂 82

神田クルーズ
船上から、まちを望む面白さ
文・松田慶子 83

アートとリノベーション
街を「結んでひらく」
文・浦島茂世 84

神田暮らし探検隊
学生が住民と共に学び、歩く「多町」
東京大学大学院都市工学研究室 中島伸 
文・金丸裕子 86

創業百三十六年、廣瀬ビルディング株式会社
薪炭問屋からビル事業、
社会を見据え、錦町とともに生き続ける
三代目社長 廣瀬元夫 88

創業百十七年、株式会社竹尾
デザインとテクノロジーの融合、
「機能美」を求め続ける紙の専門商社
代表取締役 竹尾稠
文・金丸裕子 90

創業百七年、株式会社リーテム
環境問題から社会を見据える、
先駆的なリサイクル企業
取締役 中島英嗣 92

ちょっと寄りたい老舗お休み処
笹巻けぬきすし総本店/竹むら/松栄亭/珈琲ショパン/松竹庵 ます川
文・野村麻里 93 

神田みやげ
斎藤コーヒー/神田三原堂/神田笹鮨/福尾商店/彩薫舎/Caf? Respiro/庄之助最中/近江屋洋菓子店/内外地図/マーチエキュート神田万世橋 ライブラリー
文・織田桂 98

先付 春夏秋冬E木の子汁
文・瀬川慧、写真・大山裕平 3

東京点画
タイルと東京
文・加藤郁美 7
「性格の不一致」の正体
文・渡邊芳之 9
知られざる戦前台湾ポップス
文・関谷元子 11

祝!八代将軍、吉宗就位300年E
赤坂氷川神社の祭りが熱い!
赤坂氷川祭のみどころを一挙公開
絵・尾黒ケンジ 103

曇天記96 調律されない足音
文・堀江敏幸、写真・鈴木理策 106

ちょいとごめんなさいよ、四時から悦楽 72
神田「大衆割烹 大越」の巻 
友を誘うには早すぎる
文・林家正蔵
写真・川上尚見 108

二・二六事件 ある決起将校の弟の物語B短期連載 最終回
「被害者側ならよかったのに」と、
子ども心に思ったことが恥ずかしく、
申し訳なく思う
文・前川ヨウ 116

まちの仕掛け人たちM品川区 中延
中延商店街振興組合
三三〇メートルのアーケード商店街で、
身近な「ねぶた祭り」を継承し続ける
文・金丸裕子 124

東京フランスパン物語
文・阿古真理 126

東京つれづれ日誌76 
浅草の懐かしショウに拍手する
文・川本三郎 142

Close up TOKYO
Interview 
東京都江戸東京博物館 館長
藤森照信 133

Books 
書評同人
苅部直、平松洋子、山内昌之 134

今月の東京本 137

Culture 138
映画・美術・舞台・古典芸能

City 140
New Open New Sight
東京ネットワーク

SHOPS&GOODS 112
バックナンバー 114
編集後記、次号予告 146





【 戻る 】


都市出版ホームページへ


Copyright (C) 都市出版株式会社
All Rights Reserved